So-net無料ブログ作成
アート ブログトップ

炎天下に濁る天塩川の流れ・・・ [アート]

P1010258.JPG

皆さん、本日もバッチリ暑い音威子府、筬島は音威子府に輪をかけて更に盆地、気温も30度近くになってました。そんな中、いつもなら清らかな流れを見せる天塩川が見事に濁って黄土色・・・

そうなんです、上流の士別市・名寄市で大量の前が降ったせいなんです。昨日は「土砂崩れ」の警戒警報も出されていた上川北部、今日は素晴らしい天気ですが「大雨の影響」が今日も続く下流部の音威子府でした。でも今が一番素晴らしい季節かも知れませんよ。ではまた・・・


稚内市立図書館で明日から「ビッキ」展スタート。 [アート]

DSC_0141.JPG
皆さんこんにちは。雪はなくなってしまいました。でも今日の夜から明日に掛けての天気予報は「雪」でございますから、再び銀の世界となるのでしょうか。
さて、明日10日(火)から15日(日)まで稚内市立図書館を会場に「砂澤ビッキ」展が始まります。
今日は作品を搬入して参りました。写真は会場となる図書館です。南稚内駅のそばです、行き着く道路からは「西條デパート」も見えました。入口ロビーには「樹華」が設置されますが、明日午後1時30分から展覧会をご覧に来た皆様で作り上げるワークショップが行われます。その後展示会場になっている「講堂」で午後2時30分から、ビッキ記念館館長である河上實さんの講演「人間・ビッキを語る」がおこなわれますよ。
お近くの方、稚内市民の皆様、隣接する町村の皆様、稚内に行かれるご用がある方、是非この機会にご覧ください。観覧は無料です。
DSC_0142.JPG
このビッキ展は、稚内朔北(さくほく)美術協会創設35周年記念事業として開催されるものです。会場では会員の方が展示作業に追われていました。展示作品は次のとおりです。
「午前1時の玩具7点組」「樹華1点」「樹海老2点組」「樹鮭1点」「樹鷲2点組」「四季の面2点組」「森に聴く-エカシ-1点」です。
展示作業のお手伝いまではしませんでした。すいません。朔北美術協会で会場的なことも考えられていて配置を決めていましたので。丁度お昼頃になりましたので、稚内駅・市役所・ホテルドーミインの近くにある「ラーメンの青い鳥」(中央2丁目6-5℡(23)2914)で絶品!塩ラーメンを食べて帰ってきました。
DSC_0144.JPG
このラーメンは本当に美味しいです。稚内へ行って「青い鳥」で塩ラーメンを食べないで帰ってきたら本当に悔いが残りますよ。透き通ったこのスープ、うまいんだぁ~。では。

来年、このミズナラで「樹華」を作る予定です。 [アート]

DSC_0708.JPG
皆様、こんばんは。
エコミュージアムも閉館して10日が経過しました。冬期に備え万全な体制をしいた、と思っておりましたが、実は館内の自動販売機を閉鎖してなかったのです。この時期は夕方4時を過ぎると真っ暗ですが、何らや妖しい光が館内から見えて・・・自動販売機のあかりでした。早速明日、閉鎖して頂きます。
さて、写真はミズナラの木です。この場所にトンネルが掘られます。過日、北大研究林の奥田さんと現地へ出向き「トンネル工事のために伐採される木々からミズナラだけ2本、なんとか・・・」というお願いをしていましたのでその確認をしました。工事が始まれば北大の木々ではなくなってしまいますが、これを来年「樹華」にしようと考えています。今建っているトーテムポールのとなりに立てる予定です。
今から楽しみですが、日時は全く決まってません。その時はまた周知しますので興味のある方はご参加ください。
樹華.jpg
この写真がミズナラで作られた「樹華」です。アトリエ3モアにある「ヤナギ」の枝と「イタヤ」の台座で出来ている「樹華」とは大きさも重さも全く違う重厚な作品です。写真が古いので多少ぼけていますが、当時のアトリエ3モアの前に「鉄」の台座にミズナラが差し込まれ、組まれています。迫力ありますね。懐かしいです。確かこの作品は、旭川西武デパートでの展覧会に出品された作品です。
これより迫力ある作品にしたいです!では。

清水淑枝-Sketch展、始まりました。 [アート]

皆さんこんにちは。昨日午前11時30分過ぎからすばらしい青空になった音威子府。本日もぐんぐん気温が上がっておりますよ。曇天で寒かった日が続きましたので気持ちも晴ればれです。さて、7月1日から25日まで3モアギャラリーでは版画家・清水淑枝さんの「sketch-旅の途中-」展が始まりました。今回は版画ではなく、全てスケッチです、37点ほど展示しました。釧網線・室蘭本線・留萌線・宗谷本線・函館本線・惜しくも廃線となったふるさと銀河線・根室線(花咲線)の小さな駅やホーム、案内板、エンブレムやダルマストーブなど本当に心温まるスケッチばかりです。特に駅は冬ともなるとなんとも言えない味がある場所に変わります。スケッチを見てふるさとを思い出したり、若い頃訪ねた事があったり・・・是非ご観覧に来てください。

写真右が清水淑枝さん、左は5月に展覧会を行なった吉積すえ子さん。二人はいつも一緒、大の仲良しです。

スケッチ原画のコピーをフォトスタンドの入れて販売してます。1つ800円です。


創作舞踏・若松由紀枝「風のきおく」のお知らせ [アート]

皆さんこんにちは。本日は非常に寒いです。音威富士頂上にガス状の雲が掛かるとこの時期の村は大変冷え込みます。(いつもより早いですが)さて、本日は7月15日【日】に予定しております創作舞踏公演のご案内です。「風のきおく」と題し、踊るのは札幌市在住の若松由紀枝さんです。

若松さんは生前のビッキさんともお会いしているそうで、「子供のころの記憶、その原風景を3モアに身を置いて踊ります」と話しています。エコミュージアムアトリエ3モアの「風の回廊」という展示室から始まって「樹気との対話」という展示室で踊り終える予定ですが、ご観覧くださる皆様は若松さんと一緒に移動する事になると思いますので宜しくお願いします。
      創作舞踏 若松由紀枝 「風のきおく」 
           音 中川ヒデアキ(タブラ)
日  時  7月15日 日曜日 午後3時から
会  場  エコミュージアムおさしまセンターアトリエ3モア
観覧料  高校生以上1,000円 中学生以下500円
*タブラとは、北インドの太鼓の事です。


「ビッキの木」まで行って来ました。 [アート]

本日は13時を過ぎても寒かったのですが15時近くから日がさしはじめ暖かくなってきました。という事で6月10日には「ビッキの木の集い」を行なうので下見に行ってきました。北大の林道にあった雪もすっかりなくなって、その代わりにヒグマのウンチが結構ありました。(会う事はありません。)

その林道を補修するためにブルドーザーが作業をしておりましたが調度桜も咲いていていい感じです。ご覧の通り林道は非常に歩きやすくとても良く整備されています。林道脇には

ようやくウドが出てきたようです。まだまだ小さいですが、これからが楽しみです。そして

これはオオカメノキの花、アジサイのようです。アジサイ科なんですね。花や山菜に見とれているとようやくビッキの木「アカエゾマツ」に到着。

昨年建立した慰霊碑も確り建っておりました。彫りこまれたフクロウ、砂澤ビッキという文字、6月10日にはたくさんの方にご参加いただきたいものです。山を降りてくると

北大と言えば「オオバナノエンレイソウ」です。綺麗に咲いてました。ふらっと行く北大の山、これからが一番いい時期です。ご案内しますので是非お越しください。


アート ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。