So-net無料ブログ作成
検索選択

ヤマベちゃん、大きくなって戻ってきてね。

DSC_5497.JPG

皆様おはようございます。本日も快晴の音威子府でございます。明日から天候が崩れるようでありますが・・・今日はいつもよりは風が強いですかね。

さて昨日の夕方、音威子府を貫流する天塩川の大きな支流の一つ「物満内(ものまない)川」にヤマベの稚魚3,000匹が放流されました。

これは「天塩川と共生する会」という中川郡3町村の商工会・観光協会・建設業協会などで組織されている自主的組織の主催でございます。

好天が続く音威子府ではございますが、気温が下がる夕方の、山から流れてくる冷たい物満内川に長靴の中に水が入っても、ものともせず元気に稚魚を放流しておりました。

日本海に流れ込む天塩川は、ヤマベが降海して河川に戻ると魚体も大きく“桜鱒”と呼ばれます。3~4年後が楽しみですね。


集注豪雨の後は青空!

DSC_5489.JPG

皆様おはようございます。相変わらず、長閑な筬島でございますが、本日の朝4時半過ぎに結構強烈な雨が集中して降りました。その後は、雲は多いですが青空となり、今は風も弱く秋の音威子府です。

筬島の周囲をぐるっと彩る紅葉は、今年は遅いかもしれませんね、山の色は徐々に色づいていますが半月は先でしょうね。

天塩川は現在、かなり増水状態でひどく濁っています。この時期は鮭の遡上が見られる時期ではありますが残念な状態です。

さて、雑誌「スロウ」ってご存じですか?「チビスロウ」と言うのもあって今回「廃校」がテーマだそうでして過日取材を受けました。その原稿チェックが昨日有りましたので、近日中の発売かと思われます。

もしよければ購入してお読みください。

ただ、これは私のぼやきですが、毎回いろんな雑誌の取材を受けるのは良いのですが、掲載されてすぐ閉館の時期を迎えます。(閉館は11月1日から)ですからこういう雑誌をご購入されて「あら、行ってみたいわねぇ」と思っても「閉館してるじゃない」と言うことになり、来年の4月26日以降に行ってみよう!と言うまで覚えていないと思うんですよ。

7月、8月に掲載されたら一番ですがねぇ~・・・。いやいや、スロウ様、お世話になります。


そろそろ・・・いや、今年はキノコ早いかなぁ?

DSC_5488.JPG

8月の猛暑、9月前半の雨、そして晴天、急激な冷え込み・・・毎年同じような季節と感じているのは人間だけで、動物や植物、そしてキノコたちは敏感に変化を察知しておるようです。

実はついこの間も毎年付けている手帳を基に「シメジ」を採りに山へ入りましたら流れていました。(流れる、とはもう食べれる状態ではない、腐ったような朽ちた様子)大きな大きなシメジの株がたくさんあったのですが、全て流れていました。

「いやぁ~、今年はキノコに縁がないか」と思っていたら、なんとなんと写真をご覧ください、「ボリボリ」ではないですか!!(ボリボリ、とはナラタケのことです)シメジなんてどうでもいい、って気になりますね。

やはり、キノコのいい季節なんですよ、音威子府は。今年は私、マイタケ採りにも挑戦したいと思います!


収穫の秋は大忙し!

DSC_5478.JPG

エコミュージアムおさしまセンターBIKKYアトリエ3モア前に広がるかぼちゃ畑もようやく収穫の時期を迎えました。昨年はこの畑、蕎麦でしたが8月の中旬、大雨にやられて全くダメ…しかし、今年はカボチャに替わり、いいサイズのカボチャがたわわに実っております。

筬島は小さな集落ですが、その集落の中の「あっち」と「こっち」にかぼちゃ畑があり、これを写真のように4人で収穫する重労働で・・・腰が痛くなりそうですね。

でも、このカボチャは本当に美味しいんです。ホクホクで味も甘みが強く食べたら忘れることが出来ない味なんです。

DSC_5431.JPG

こちらは、日置さんの自家消費用ジャガイモの収穫です。畑は小さいのですが、非常にたくさんできていたようで、日置さん夫婦仲良く収穫をしていました。「作って親戚などに差し上げるのが趣味」と言う日置さん、私も少し分けていただきました。

「北あかり」と言うジャガイモは本当に美味しいです!!

何だかよくわかりませんが、10月の初旬にここ筬島で「収穫ツアー」が実施されるそうで、長尾さんが「カボチャ、一畝残しておかんとなぁ」と話していました。

 


25日でボランティアは小休止です。

DSC_5473.JPG

皆様、こんにちは。薄い青の空、雲もゆっくりと流れ、風は日本海からオホーツクに・・・気持ちい秋晴れの音威子府です。

さて、23~25日の連休も好天が続きたくさんの方がご来館くださいました。ありがとうございました。

写真は、24日の午前中、1年生の坂本イブキ君と冬季用の薪をD型ハウス前に運び、ストーブサイズに切って行く作業風景です。イブキ君は当然、薪を切ったことなど全くありませんし、鋸を使った事もありません。

休日になるとボランティアに来ていただいている高校生10月1日から10日まで「秋休み」と言う長期休暇に入りますので、10月16日からのボランティアまで誰も来なくなってしまいます。寂しいですね…。それはそれとして、鋸を貸してくれた筬島在住の田畑さんがみるに見かねて指導が始まった、の様子です。赤い服を着た青年は「アート&クラフト展」に来ていた東海大2年の千葉君、台が動くので抑えに回り、イブキ君は田畑さんの鋸裁きを真剣に学んでいました。

こんな体験が高校生には必要で正に「知識と知恵」の違いや「習うより慣れろ」の実践です。

トラック半分ぐらい、薪を切ってくれたかな?これで10月からの寒い夜は大丈夫です。

イブキ君ごくろうさまでした。田畑様ご指導ありがとうございました。


Art&Craft展、25日で終了します。

DSC_5365.JPG

現在、3モアギャラリーでは「Art&Craft」展と題した展覧会が開催されています。

この展覧会は、このブログでもご紹介しておりますがおといねっぷ美術工芸高校を卒業し、現在はそれぞれの大学で「木材工芸」や「美術」を勉強している学生展でもあります。

昨年に引き続いての開催ではありますが、今年は一か月に及ぶ「制作合宿」を筬島で実施し、尚且つ「作った作品、展示された作品は販売する」試みをしています。

その甲斐あって、ご来館いただいた心温かい方々のご厚意でスツール1脚、テーブル4台が「売約済み」と言う嬉しい現実となり大学生達の今後の大きな励みとなっております。

「エコミュージアムにある木」を使い「出来るだけ機械に頼らず」、「ハンドメイドに拘り」「心をこめて制作する」この4点が木工作業する時の心がけでした。その事が少しでも伝わったかと思います。

最終日は25日(日)午後3時までです。(作品搬出とご購入いただいた作品の梱包がありますので)

是非ご来館、ご見学ください。(スツール、テーブルはまだございます)

 


10月の3モアギャラリーは「清武・杉本」展です。

皆様こんにちは。17日からの3連休はたくさんの方がビッキを訪ねてくださり誠にありがとうございました。特に18日は一般の方々が、19日は千葉大学の皆様の団体がご来館くださり、河上さんのご案内でビッキの木まで行き、紅葉前の北大の山々をご堪能できたかと存じます。

さて、もう来月1カ月で閉館する季節になったのですね、毎年の事ですが本当に早い半年を実感しておりますが、10月に開催される個展をご紹介いたします。

10月は「清武昌・杉本大幸」二人展となります。

IMG_7862.jpg清武昌の作品(一部)

ご存知の方も多いと思いますが、清武君はおといねっぷ美術工芸高校出身、現在は北広島市にある道都大学の4年生です。高校時代に学生美術全道展の頂点を極め、歴史ある道展の新人賞、昨年は大賞を受賞している「北海道美術会のホープ」でございます。

IMG_9744.jpg杉本大幸の作品(一部)

杉本君は清武君と同級生、現在は北翔大学の4年生です。この二人、エコミュージアムのボランティアを1年の時に始め、仲もよくお互いが大学に進学して「大学卒業する4年生の時に二人展をやろう」と約束していたそうです。

その約束が3モアギャラリーで実現することになりました。

展覧会は10月1日(土)~23日(日)までの期間となります。後輩にあたる高校生たちは、おと高の大きな特色である“秋休み”と言う長期休暇に突入している時期で、二人の先輩の作品を見学できる期間が非常に短いですが、それはそれとして村外の方も是非この機会にご覧ください。

 


おと高生、スウェーデンに旅立つ!

DSC_5423.JPG

皆様、晴天の音威子府です。お昼ごろはじっとしていても汗が出るほど気温が上がっていましたよ。

しかし、現在16時になろうとしていますが、大変涼しい風が吹いています。

さて、平成19年度にスウェーデンのレクサンド高校から生徒を受け入れ、20年度には姉妹校として正式に提携調印したおといねっぷ美術工芸高校、この間3度生徒を派遣し、4度受け入れをしておりますが、4度目の派遣が9月11日から始まりました。

今回派遣される生徒は、写真左から3年伊藤君・3年蜂須賀さん・2年楠君の3名です。

本日14日の朝、無事レクサンドに到着、早速研修が始まっているようですよ。スウェーデンは家具づくりのメッカ、世界No.1の技術力とデザイン力です、是非ともいろんな角度から学び、大いに吸収してきてほしいものです。

村へ帰ってくるのは22日、長い研修ですが大いに楽しみ、スウェーデンの素晴らしさを後から教えてください。


タグ:海外研修

そろそろ・・・きのこの時期ですね。

皆様、こんにちは。

涼しくなりましたねぇ~、9月に入って。朝、晩の冷え込みが気持ちいいですね。やっぱり寒いのになれているんですかね、それとも寒い時期を好んでいるのか・・・。どんよりと曇ったままの音威子府から本日は「9月か、キノコの時期だなぁ~」という話題を一つ。

DSC_5395.JPG

写真が全く下手ですいません。これはナナカマドの木に群生して出た「ムキタケ」ですかね。

職場のすぐそばなんです。去年は出ていなかったと思いますが、今年はずいぶん出ていました。

DSC_5394.JPG

このムキタケは食べる、と言うよりは「ダシを取る」キノコです。食べれるか、と言われれば食べれないキノコではありませんが、乾燥させてからダシを取る方が良い感じのキノコでしょう。

ムキタケはツキヨダケとよく似ていましてツキヨダケの方は毒持ちだったと思いますね、夜、光るんですよ。

筬島のキノコではありませんが、例年に引き続き、この場でキノコをご紹介して参ります。お楽しみに!


タグ:ムキタケ

筬島の皆様は元気がいい!!

DSC_5410.JPG

写真をご覧ください、筬島にお住まいの方々です。皆さん元気でこちらがいつもパワーをいただいてます。決して「若い!」と言う年齢では皆様ございません。しかし、元気です。

この日は会費制で「厚岸産の牡蠣」「螺」「烏賊」「ホッケ」「ニシン」、枝幸産の「螺」やジンギスカンを久しぶりに集まってワイワイやりました。食欲旺盛、大きな声(ちょっと耳が遠いせいもあって?)に笑い声が絶えません。

この元気さが筬島と言う小さな小さな集落をまもっているのです。

雪が降る前に、もう一度やりましょう!!


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。