So-net無料ブログ作成
検索選択

本日9年目のオープンです。

順子さん展.JPG

皆様おはようございます。

本日26日より2011年が始まりました。10月31日まで宜しくお願い申し上げます。

今年も昨年と全く変わらずに動き出しましたが、ビッキ生誕80年と言う年を迎え、これを期して5月1日からは「砂澤順子展」が始まります。29日にはご本人も初めてこの記念館を訪ねます。

写真は既に展示作業終了した「砂澤順子展」でございます。50を超える刺繍作品と版画作品が展示されております。版画は販売いたしますので宜しくお願い致します。(7点です。)

ダルテグラス.JPG

また、今年はオープンの本日から「ガラス工房ダルテ・グラス市」を行っています。

ダルテは美瑛町旭に工房を構えており主は安田敏行さん、ピアニストの安田理沙さんのおじさんです。

「ビッキが生きてたら俺の作ったグラスで飲んでほしかったなぁ」と話していた安田さん、定価の20%OFFですのでこちらも宜しくお願いします。

河上さん作業中.JPG

D型ハウス内では数日前から河上さんが木工体験の準備に追われています。昨年行いました「踏み台」づくりが非常に好評でして、この間「作れますか?」と言う電話がありました。早速パーツを作っています。「ナラ」の木で組み立てるだけの作業ですので、連休中もし体験したい方は是非どうぞ、1台作るのに2,000円頂きます。

また、先の東日本大震災を受けて、エコミュージアムと言う施設の管理者・運営者等をしっかりとするべく体制について見直しがなされ、2011年から「館長」は「村総務課地域振興室長・木島勝明」さんとなりました。河上さんはこれまでと代わらずお勤めいただきますが、「館長」ではありませんので、取材等は上記の部署へご連絡下さい。宜しくお願い申し上げます。

それでは、10月31日までの半年間、昨年同様、宜しくお願い申し上げます。

*3モア通信は村のホームページでも閲覧(むずかしいなぁ~)見ることが出来ますので宜しく!


開館準備、もう少しです。

DSC_4565.JPG

おはようございます。

ようやく青空がのぞきだしました。それにしても寒い毎日です。

26日の開館を控え「3モア通信」を全国・全道の美術館や道の駅などにおくりまして、館内清掃や作品展示、ワックスがけなど、終了しました。

あとはもう一つ…更に作品展示があります。

明日の午前中からその作品展示を行い、外窓をきれいに拭いて終了です。

今年は水道管が破裂するなどの事故もなく、ホッとしています。

ご来館をお待ち申し上げます。


春遠い音威子府です。

DSC_4566.JPG

いや~雪が降っています。本日、今現在も雪です。寒いです。せっかく雪が順調に溶けていたのに…

17日(日)未明から降った雪は重たいべた雪…写真のようにアトリエ3モア周辺も真っ白です。前日の土曜日には、高校生4名と開館の準備を一生懸命行いまして・・・別に開館と雪は関係ないのですが・・・

音威子府・筬島にやってくる春は、まだまだ遠くにあるようです。

それにしても・・・雪・・・寒いです。


2011版3モア通信出来ました。

DSC_4568.JPG

2011年度版の「3モア通信」が出来上がり、全国・全道の美術館など様々な施設へ送り設置をお願いしました。

今回で3モア通信も第8号となりました。(毎年1号の発行です)

今年は表紙の「ビッキの友人」インタビューでは、元内閣官房長官でありました旭川市出身の五十嵐広三様にご登場いただきまして、ビッキとの思い出など語っていただきました。ありがとうございました。

4ページの通信には、これまで取り組まれた事業や今年実施する事業なども掲載され、あわせておといねっぷ美術工芸高校の生徒たちの活躍などもご紹介しております。

なお、3モア通信は「音威子府村」ホームページにある「エコミュージアムおさしまセンター」紹介のコーナーでも観れますし、今年だけではなく一昨年の3モア通信から観ることができますので、プリントアウトするなどしてください。

村の紹介も兼ねていますので宜しくお願いします。


タグ:3モア通信

木工芸の超新星誕生!!

DSC_4560.JPG

皆さんこんにちは。

今日はおといねっぷ美術工芸高校の生徒をご紹介します。

写真は同校3年の渡辺瑞生さん、愛媛県から入学してます。彼女は北海道で唯一、工芸のみの公募展・第38回美工展(北海道美術工芸協会主催)で最高賞の協会賞を受賞しました。

この協会賞は、2007年から該当作品なし、という状態が続いていたのですが、初応募した渡辺さんが5年振りの快挙を成し遂げました。すごいことです。

作品は4月20日から24日まで札幌市民ギャラリー2階の第4・第5展示室で公開されるため学校にありませんが、写真は部活の工芸部で椅子を作っているところです。

今回協会賞を受賞した作品は「飾り棚」、高さ70cm、幅70cm、奥行60cm、クルミとサクラとウォールナットを使っているそうです。「おばあちゃんの家の玄関が寂しかったので、これを作って使ってもらおうと思いました。」と製作動機を話してくれました。そういう生活に密着しているというか、その中にあるもの、というかきっかけは思いがけない場所にあったりしますね。

「初めて応募して最高賞受賞なんて驚いています」話す渡辺さん、卒業まであと1年ですが「道内に残って身に付けた木工製作を生かせる仕事に就きたいです」、「進学も・・・未定です」

大いに悩んでその素晴らしい技術を生涯生かしてほしいものです。

ちなみに渡辺さんは「中学生の時に朝日新聞でこの高校の事を知り、木工がしたくて入学しました」。

3年目の寮生活で自立した生活も身に就いたことでしょう。今後も頑張ってください。


タグ:木工の星

5月1日から砂澤順子さんの展覧会

DSC_4550.JPG

皆様こんにちは。

26日の開館まであと2週間となりました。着々と準備は進んでおらず、ちょこっとづつ準備が進められています。

さて、26日にオープン致しましたら、5月1日から28日まで「砂澤順子展」が3モアギャラリーで開催されます。順子さん、そうです、ビッキさんの奥さんだった方です。

ビッキを一番知っている人です。

ビッキの妻として生活を支え、夢を支え、家庭を築き、チニタの母として暮らしを支えてきた順子さんの展覧会は「刺繍」と「版画」展になります。

DSC_4554.JPG

世間一般に出回っているアイヌ文様は、あまりにもアレンジされすぎで原型、原点みたいなものが薄れています。順子さんの刺繍には、ビッキの母ベラモンコロさんから受け継いだ純粋なアイヌ文様の美しい曲線が見事に表現されています。

是非、この機会にご覧ください。

記念館には、順子さんのハンドメイドによる手さげ袋やショルダーバックなどたくさんの作品が土産品として販売されていますので、こちらも宜しくお願いします。

 


26日開館します。

トーテム牛君.JPG

皆様こんにちは。

雪は溶け出すと早いものです。毎日10cmぐらいは無くなっているような・・・そんな青空の天候が続いていますが、朝はまだかなり寒く、日中は風が強くて冷たいです。でも雪は溶けてます。

さて、毎年開館日は4月26日と決まっているビッキ記念館、その準備がほんの少しですが進んでいるようです。今日は、担当の地域振興室職員が雪割に行っているようです。

トーテムポールの牛君も皆様のご来館を待っているようです・・・。但し、館の周りはたくさんの雪が残っています。26日までにどれぐらい溶けて無くなるか楽しみです。では。


タグ:26日開館

工藤和彦さんを招き陶芸教室

DSC_4494.JPG

皆様、只今四時半を回りました。いい天気です。気持ちよく暖かく、雪溶けも順調に進んでいます。この様な天候でございますから、午前中は仕事としてパークゴルフ場へ融雪剤70袋をもくもくと散布してまいりました。(1袋20k×70袋=1400k)

さてさて、年度末も押し迫った3月30日の午後から、旭川市在住で全国でご活躍の陶芸家・工藤和彦さんをお招きして「陶芸教室」が村教育委員会主催で開催されました。

工藤さんは、2003年に料理研究家・栗原はるみさんが審査する「器」の公募展で「大賞」を受賞した方で、昨年はSTVやNHKでドキュメントも放送されておりました。こういった方がご指導くださるとあって、当日は9名の方が参加くださり、信楽の土を使って思い思いの「毎日使って楽しい器」を作りましたよ。(小鉢とお皿が多かったですね、ろくろやたたらづくりをご指導いただきました)

只今乾燥中で、来週には工藤さんの工房へ持っていき焼いていただきます。(更に乾燥が必要ですが)

工藤さん、東京で大きな二人展を開催するそうです。楽しみですね、是非ご観覧ください。

 

 


今年も3モアハウス、健在です!

DSC_4504.JPG

皆様こんにちは。今日は朝方の気温が低くてびっくりしました。-10℃はあったのではないかと思います。只今は、青空ものぞき春が近いなぁ~そう思わせる天気です、が寒いです。

さて、毎年皆様にご宿泊と共に筬島ナイトの思い出をお届けする宿“3モアハウス”は今年も大雪で潰れることなく健在でございます。

2日の土曜日、午後から“蒔きストーブを燃やしたい!”と言う衝動に駆られ、玄関先の雪をはねて中に入ってみました。家の中は何も変わっておらず、昨年11月1日ぶりの“入居”・・・で早速蒔きストーブにチャレンジ!

DSC_4505.JPG

蒔きストーブは3モアハウスを閉鎖するときにしっかりとメンテナンスしておりますので、“ガンビ”に火をつけて焚きつけ用の乾燥した端材を入れ、勢いよく燃えてきたところにカラマツやエゾマツなどの薪を投入すると、ゴーゴー音を立てて燃えだしました。

火を見ていると何か落ち着くんですよね、薪の匂い、パチパチという音・・・外に出てみたら煙突からいい色の煙が風に靡いて・・・「薪、炊いてます」と言う信号をご近所に送ってます(ご近所少ないですが)

DSC_4506.JPG

室温8℃だったんですが、薪ストーブが今年初着火、と言うこともあって張り切りましたので、あっという間に20℃を超え、茶の間は快適な状態に・・・しかし、寝室の方が暖まるにはもう少し時間が必要でした。

今年も宿泊可能な3モアハウス、1泊大人1,000円、子どもは500円です。まだ、露天風呂には入れませんが、内風呂はきれいに洗いましたので入れますよ。

宿泊をご希望の方は4月26日からご予約を受け付けますので、アトリエ3モアまでお電話ください。電話:01656-5-3980です。

 

 


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。