So-net無料ブログ作成
検索選択

青空は何処へやら・・・

DSC_4234.JPG

皆様、おはようございます。

昨日まで晴天が続いていた音威子府ですが、今日は朝から吹雪でございます。

ベタ雪が容赦なく風と一緒に横殴りに降っています。日本海側からの風です。

昨日まで溶けた雪が今日の雪でまた元通りに・・・なるかどうかわかりませんが、おとなしくしていた方がよい金曜日・・・の朝です。

週末は筬島で雪はね、してるかな~、では。


雪解けが進む穏やかさ・・・

DSC_4142.JPG

毎日・・・穏やかな日が続くおといねっぷです。

アトリエ3もあの前に立つヤチダモも春を感じ始めているようです。

雪解けが進みましたが、明日から再び雪が降るそうで、吹雪になるかもしれません。

国道は夏のようです、みんなすごいスピードを出して走ってます。

天塩川の結氷はこの天気が続けば2~3日でなくなるでしょう。ではまた。

 


晴れて天気良い筬島の日曜日

ラッセル車.JPG

皆様おはようございます。

19日の朝、けっこうな雪が積もり日中も天気が悪く、日曜日は午前7時過ぎから猛烈に雪が降る変な週末でしたが、午前11時近くから晴天となり雪も止みました。

天気が良くなったので、ビッキのアトリエ3モアの様子を見に久しぶりに筬島に行くと、屋根の雪がきれいに落とされ、建物の周辺やD型ハウス周辺も除雪されておりました。

屋根の雪を落としたのは総務課地域振興室の皆様、周辺の除雪をしてくれたのは支援委員会代表の長尾さん、トラクターで一気にお仕事終了です。

お昼近く、筬島駅に行ってみると運よく「ラッセル車」が走って来ましたのでパッと一枚、ドドッと雪をかき分けて走る、とはいきませんでしたが子供のころから見ているラッセル車はかっこいいですね。(駅の近くに来るとラッセル車は“羽根”を閉じて駅を通過すると再び“羽根”を出して走っていきます。私には“羽根”と言うより魚の“エラ”のようにみえますが・・・)

村市街地に戻るため国道40号線を走っていると、このラッセル車の写真を撮ろうと数台の車が駐車していました。275号線のほうに行ってみると更に数台、7台の車が止まって写真を撮ってました。

ラッセル車は人気があるんですね、では。

 

 


福島県に初めて行ってきました。

皆様、ご無沙汰でした。音威子府は朝の降雪もやんで青空が出て良い天気です。

さて、6日から11日まで福島県は猪苗代町へ出張しておりました。職員5名での出張は今後開催される全国規模のイベントに大いに参考となる貴重な体験をさせて頂きました。そのイベントは来年2月の極寒の時期に開催されますのでお楽しみに!

さてさて、福島県と言えばラーメンに目がない私はすぐに「喜多方ラーメンが食べたい!」となりまして早速、情報を収集し、超有名店である「坂内食堂様」へ直行!

うまい!とかの表現では大変失礼に当たる素晴らしい芸術的一品!でした。

食堂前.JPG

坂内食堂を探し当て、さてさてこれから暖簾をくぐるぞ!腹はかなり減っています、お昼です、早く中に入りたい、すぐ注文したい・・・中にはいると威勢の良い大きな声でのお出迎え「良し、大盛りを食うぞ!」と気合いが入りまして早速注文!

ネギ肉そば.JPG

これは私が注文した「ネギ肉そば大盛り」バージョンです。味は北海道的に申すと「塩」と「醤油」の中間的な感じ、チャーシューとは言わず「肉」と言ってるだけあって豚バラ肉のブロックを厚さ5~7mmにスライスし10枚以上乗ってました。十分煮込まれていますし、脂身が大好きな私には最高の「肉」でした。

坂内ネギそば.JPG

こちらは「ネギそば」の大盛りバージョン。「ラーメン」ではなく「支那そば」ですので、麺が太くちぢれており、これまた完璧な自家製麺、スープの味をしっかりとキャッチしていてモチモチ感もあり最高ですね。

坂内肉そば.JPG

こちらは「肉そば」です。こちらも大盛りだと思います。注文してから出てくるまでが非常にスピーディーで「アレ?俺ネギ?肉?」なんて感じでもありましたが、待たされるより待つことなくテーブルに乗る、こういう気遣いにも敬服致しました。

音威子府は「道北」と言われる地方ですから美味しいラーメンの地は「旭川市」に集注しています。旭川ラーメンは「醤油」が基本ですが、この味は何処にもない、麺もないまさに喜多方に行かないと食べれない味でした。

皆様も福島県に行くことがありましたら「坂内食堂」!に是非!間違いないです。

今日はそんな報告で終了です・・・。

 


今日も暖気、雪が解けてます。

DSC_4143.JPG

皆様こんにちわ。

今日の音威子府は昨日に引き続き気温が高く、雪解けが進んでいます。プラスの場合1℃気温が上がると1cm、雪が解けると言われています。

泊まったことがある方には懐かしい「3モアハウス」も現在はこのような状態でして、中に入るには決死の覚悟が必要となってます。屋根の雪が落ちて玄関はふさがっており、そこにたどり着くまでには重機でかなり除雪しないといけません。

まぁ~ゆっくり気長に雪どけを待つしかないようですね…。

それにしても雪が少ない・・・音威子府です。では。


今日はプラスの気温、暖かいです!

DSC_4141.JPG

皆様こんにちわ。

連日厳しい冷え込みが続いていた音威子府ですが、今日は朝から南の風が吹き天気も良く、お昼の気温が+2℃まであがっています。

軒先からは屋根に溜まった雪が溶けて雨が降っているような状態、その屋根の雪も落ちています。

3モアの屋根の雪も・・・やはりきちんと屋根に雪を落としてくれていないものですから・・・へばりついたままの状態です。

もう少ししっかりやってくれれば今日の暖気で落ちていたでしょうね、全部とは言いませんが。

しかしながら、天気が良いと・・・こんな気持ち良い日も長続きはしないでしょう・・・。


冷込み厳しい朝ライトピラー出現!

DSC_4138.JPG

皆様おはようございます。今日の音威子府の朝は午前6時の気温が-16℃、この気温は全国ネットの公式的な気温ですが、自宅前の気温は21℃、職場では「俺ん家の前は23℃だったぞ」などその場その場で気温が違っていますが、それなりに寒い、ということです。

私は毎朝、雪が降った場合は午前5時30分から除雪作業に取り掛かります。(新聞をゆっくり読みたいからです。)今日もそのように作業をしてましたら、ふと市街地に目が行って・・・そうしましたら写真のような光の柱が空に向かって突き上がっていました。

そうです、これが“ライトピラー”光柱(こうちゅう)です。

今日のように外気温が-15℃以上になると空気中の水蒸気が凍結します。きらきらと光るこの現象を“ダイヤモンドダスト”と呼んでいますが、それに街灯の明かりが当たると、まるで地面から光の柱が放射されているような光景となります。

自宅すぐそばの宗谷線を渡る跨線橋の下から撮影しました。跨線橋の上に上がっていくともっと全体的に“ライトピラー“が見えるかと思いましたが、大きなAPが邪魔でした。しかし、小学校前の街灯もこのような現象でした。

先週からネップらしい冷え込みが続き、天塩川の写真ばかり撮ってましたが村の市街地にも幻想的な瞬間があることを改めて思い知りました。明日もこのように冷え込んだらもっとたくさんのライトピラーが写る場所に行ってみたいと思っています。

皆様の街でも観えるときがありますよ、きっと。では。

 


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。