So-net無料ブログ作成

徹夜で追込み!クラフトキャンプ!

IMG_6984.JPG

皆様こんにちは。今日も暑い暑い音威子府、風はありますが日差しが強く、本当に異常な気象です。

さて、9月1日(土)から始まる「ART&CRAFT展」は現地・音威子府でクラフトキャンプを実行している大学生3人組と地域おこし協力隊員2名が今日で「2徹(2日連続徹夜の意味)」を迎えています。

写真は後藤君(東京造形大2年)の制作したスツールを大型のクランプで固定するためにみんなで手伝っているところです。後藤君、かなり時間がありません。焦っています・・・。がこれを固定したら今度はテーブルづくりです。そのテーブルは大分県から「発注」を受けており、かなり完璧に作らねばなりません。「かなり初期仕上げはしているので大丈夫・・・です」とのことでしたが。

IMG_6988.JPG

地域おこし協力隊員として村の木材工芸振興のため木工センターに勤務している渡辺瑞生さん。彼女は徹夜はしていませんが完成までに「余裕はありません」。かわいらしいスツールが数点出品されます。

IMG_6992.JPG

クラフトキャンプに初参加した北海道北翔大1年の村田君。ウッドランプを制作しているようですがこちらも時間がありません。徹夜制作は初めての経験でしょうね。「照明は3つ作るんですが・・・大丈夫です」と頼もしい。かなり細かな作業が続いていて、目も疲れているようでしたがまだまだ若い!頑張れ!村田!

IMG_6993.JPG

リーダーの千葉君(東海大旭川3年)は、かなり時間がない状態です、もしかしたら一番遅れているかもしれません。と言うのも、スツールは早い段階で組み立てるだけになっていましたが、実際組み立ててからが大変、座面を紐で編んでいるからです。スツールは全部で6脚、1つ編むのに「7~8時間かかっています」って、大丈夫でしょうか…。この椅子で2脚目、「24時間全く同じスピードで編み続けれたら明日までに2ついけます!」その気持ちが大切です。このスツールは既に「売却済み」購入者が楽しみにしているので、焦らず精巧に仕上げることが大切です。

IMG_6997.JPG

うつろな目つき、全く精悍ではない表情・・・地域おこし協力隊員の森君。この展覧会のために「パソコンテーブル」を制作しています。「自分用なんで販売はできません」「販売してもいいかな、と思っていたのですが形になっていくうちに可愛くなって」手放せないんだそうです。感情移入していますね、もっとクールかと思ったけど。

5人の他に出品する皆様をご紹介します。

波能かなみ(武蔵野美術大・版画)友重圭司(東海大大学院・工芸)鈴木龍一(東海大旭川・絵画工芸)小林ちほ(さすらいの切り絵師・切り絵)市川寛士(秋田美術工芸短期大・工芸)磯山克人(武蔵野美術大・工芸)

以上11名のおといねっぷ美術工芸高校卒業生による展覧会です。販売も致します。

展覧会は23日まで(23日は午後2時まで)、皆様ぜひお越しください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。