So-net無料ブログ作成
検索選択

冷込み厳しい朝ライトピラー出現!

DSC_4138.JPG

皆様おはようございます。今日の音威子府の朝は午前6時の気温が-16℃、この気温は全国ネットの公式的な気温ですが、自宅前の気温は21℃、職場では「俺ん家の前は23℃だったぞ」などその場その場で気温が違っていますが、それなりに寒い、ということです。

私は毎朝、雪が降った場合は午前5時30分から除雪作業に取り掛かります。(新聞をゆっくり読みたいからです。)今日もそのように作業をしてましたら、ふと市街地に目が行って・・・そうしましたら写真のような光の柱が空に向かって突き上がっていました。

そうです、これが“ライトピラー”光柱(こうちゅう)です。

今日のように外気温が-15℃以上になると空気中の水蒸気が凍結します。きらきらと光るこの現象を“ダイヤモンドダスト”と呼んでいますが、それに街灯の明かりが当たると、まるで地面から光の柱が放射されているような光景となります。

自宅すぐそばの宗谷線を渡る跨線橋の下から撮影しました。跨線橋の上に上がっていくともっと全体的に“ライトピラー“が見えるかと思いましたが、大きなAPが邪魔でした。しかし、小学校前の街灯もこのような現象でした。

先週からネップらしい冷え込みが続き、天塩川の写真ばかり撮ってましたが村の市街地にも幻想的な瞬間があることを改めて思い知りました。明日もこのように冷え込んだらもっとたくさんのライトピラーが写る場所に行ってみたいと思っています。

皆様の街でも観えるときがありますよ、きっと。では。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。